フライフィッシング日誌2002年12月 フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

フライフィッシング・リバーサイド・トップイメージ フライフィッシング日誌サイドイメージ
フライフィッシング日誌ロゴ

「フライフィッシング日誌:20022年11,12月」

 フライフィッシング・リバーサイドトップページへ

2002年12月20日 キャスティング練習

ロッド&リールを調達した#10のシングルハンドとオービスPM10#6を持ってキャスティング練習に行ってきました。行ってきたと言ってもくるまで5分ほどの造成中の空き地です。さて、ほんとに5〜6年ぶりですキャスティング練習するなんて・・・。どれくらいできるんでしょう・・・。不安を抱えつつも!まずは#6で。

最初からフルラインなんて当然!無理・・・。まずは10mほどラインを出し、フォルスキャストから。なかなか良い感じです。若干ループが乱れておりますが、まぁこんなモンでしょ。僕の実力では。

続いて15mほどにラインをのばし、フォルスキャストしてみます。やばいです・・・。ループは乱れるはダブルホールのタイミングは合ってないは、おまけにテーリングまでしてます・・・。これは「チッ」どころじゃありませんよ・・・。
シュートしてみるものの当然!!力無くラインはフラフラしながら落ちて来ちゃってます・・・。まったくできない!!

気を取り直して#10行ってみよう!!
全然振れません・・・。10mくらいならいいのですが、15mを越えた当たりから完全に力負けしてます。ラインの重さに耐えきれずロッドがフラフラ。当然!ループもフラフラ・・・。シュート!#6の方が飛んでるって・・・。

さすが6年のブランクは伊達じゃありません・・・。ど〜する?このキャスティング。まずは筋トレかなぁ・・。

2002年12月18日 イナガキから来た手紙

12月の始めの頃、イナガキから一通の手紙が。いつも来るセールの案内です。何気なく読んでいると「ポイントを今月中に使わないと無効になっちゃうよ」と書いてあります。そして「あなたのポイントは封筒のラベルのところに出ているからね」とも。

あわてて、捨ててしまった封筒を見てみると6千円分ほどポイントがたまってます。このポイント実は、8月にウインストンのWT9フィート#6を買ったときの物です。ウエット用にと思い大枚はたいて手に入れていたのです。

そういえばフェスタで買ったレビューの#10。ロッドだけあってラインもなければ#10が巻けるような大きなリールもありません。いっちょうこのポイントでそろえるかとイナガキ渋谷店に行って買ってきました。イナガキ製リール「フライトラウトIII」。その他バッキング,WF#10のラインを調達します。

さっそく家に帰って、巻いてみると、バッキング100ヤード巻いてWF#10がぴったり収まるサイズ。値段も1万円を切る安さ。満足。満足。

ここまでそろえたからにはやっぱりキャスティング練習をせねば!僕のキャスティングは#6のファーストテーパーのロッドならなんとかフルラインを出せるくらいのレベル・・・・。こんなんじゃいけません。

おりぁっ。ってシュートしたらリールのクリックドラグが「チッ」って言わないといけません。「チッ」って。

はたして、僕に振れるんでしょうか。このロッドは・・・。ここ数年ダブルホールが必要な大きな釣り場にも行ってない・・・。ということは!ここ数年ダブルホールなんかしたことない・・・。ちょっと不安がよぎりますが。何が何でも!「チッ」て言わせてやりましょう。

2002年12月1日 フライ・フィッシング・フェスタ

前からやっているのは知っていたのですが、今年こそは!と行ってきましたフライ・フィッシング・フェスタ。桜木町で横浜線を降りパシフィコ横浜へ。フェスタって言うくらいだからきっとすごいたくさんの人が来ているのだろうと思って会場へ行ってみると。

ほとんど人が歩いてません・・・。やっているんでしょうか?フェスタは・・・。

不安を抱えたまま会場へ入ってみるとやってるじゃないですか(当たり前・・・)!キャスティングプールがあってなんとラインを通してロッドまで振れます。その他タイイングデモなど楽しそうな企画もあります。

まずは会場を同行したN氏と巡ります。今日の目的は最近狙っているスコットのロッドとかっこいいランディングネット。現金握りしめて来ちゃいました。

むむ・・・。メーカーアウトレットショップなるものがあります。一番奥にあったレビューのブースに行ってみるとモデルチェンジ前の旧ロッドが安く売ってます。試しにいくらになるの?と聞いてみると。定価6万4千円がなんと2万3千円!悪魔です・・・。なんという価格なんでしょう・・・。そんな値段じゃ思わず、買ってしまうじゃないですか。

むむ・・・。迷っているとN氏のつぶやきが。「1時間前に来たときはもっとたくさんあったけど、もう無くなってるなぁ〜(はぁと)」って。そんなこというと買っちゃうじゃないですか。この人も悪魔です・・・。

残りのロッドは#4と#10。#4はスコットのロッドが欲しいので止めておきます。残るは#10、9フィート半。しかもシングルハンド。おいおい#10のシングルなんてどこで使うんだ?#7とか#8じゃなくて#10だぞ!#10。

一応店員さんに「#10のシングルハンドなんてどこで使うの?」と聞いてみると。
店:「そ〜ですねぇ。北海道のサーモンとかかなぁ」
僕:「ダブルハンドの方がいいんじゃないのぉ・・?」
店:「でもシングルでやりたいって人も結構いるんですよ。あとキャスティング練習!!。」
僕:「そうだねぇ。練習用だったらいいかな。後3千円まけて2万にしちゃう(はぁと)」
店:「いいですよ」

いいですよって言っちゃったのね・・・。いいですよって。

買っちゃいました#10。ど〜する?このロッド!?

2002年11月20日 フライフィッシング

フライフィッシングを覚えて早8年。始めた頃はそれこそ年間60日〜70日も釣りしてました。毎週末忍野に通い、夏になれば北海道に1週間。とって返して東北を5日間。渓流が禁漁になれば近所の川で鯉を釣りまくる。

しかしここ4年間は、仕事にかまけて年間釣行ほんの5日ほど・・・。なんとか仕事に余裕もできて!そろそろまた釣りを再開しようと、新宿サンスイや渋谷イナガキに行き,久しぶりに雑誌フライフィッシャーに目を通してみると・・・。そこには僕の知らない世界が・・・。

ちょっとご無沙汰している間にいろいろな新製品の数々。例えば!ダンカラーのドライシェイク。ドライシェイクと言えば白だったのに・・・。おまけにスプレータイプまであるじゃないですか。その他にもCDCに使えるリキッドタイプのフロータント。ちょっと前までCDCといえばドライシェイクしか使えるフロータント無かったのに・・・。

などなど。ちょっとタイムマシーンに乗ってやってきた気分。遅れてやってきた中年フライフィッシャーは果たして一人前の釣り師になれるのか?!
http://www.flyfishing.jp/
フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。