フライフィッシング日誌2003年2月 フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

フライフィッシング・リバーサイド・ロゴ
フライフィッシング日誌ロゴ

「フライフィッシング日誌:2003年2月」

 フライフィッシング・リバーサイドトップページへ

2003年02月15日 リーダーシステム

この前行ったYGLヤドリキでマキシマのリーダーを使ってみました。 今まではあんまり、と言いますか・・。ほとんどリーダーについては気にしたことがなく、 プロショップへ行って良さそうなやつを適当に選んで使っていました。もっとひどいときは、 なんだかわからないけどリールについてるリーダーに適当にテーパーつけて・・・。 気にしてることと言えば巻き癖の取りやすさくらいのもの・・・。 その中でもバリバスのリーダーを使うことがほとんどだったのですが。

で。マキシマのリーダーを使ってみるとビックリ!テーパー構造が今までのバリバスのリーダーと全く違います! バットがすごく細くて、全体的にスローテーパーになっています。 当然テーパーが違えばターンオーバーも変わってくるわけで・・・。

今までの感覚で行くと完全にターンオーバーしてフライまでほぼ一直線に伸びるようなキャストをしても、 マキシマのリーダーでは良い意味で完全にターンオーバーしません。特にティペット部分に自然とスラックが入ります。 ナチュラルドリフトさせるにはすごくいいかもしれません( このときはティペットはあえて継ぎ足さずリーダーに付いているものに直接フライを結んでいました)。

しかし!リーダーのターンオーバーの癖になれていないので、今までだったらフライがあるはずの所にフライが ないではないですか・・・。思ったところより、そ〜と〜手前側にフライが落ちてます。 まあ慣れの部分が大きいのかもしれませんが、ピンスポットへ入れていくような釣り方では、 ちょっともてあましてしまいます・・・。それに!フライの落とし場所を自分の思い通りにコントロールできないのが、 う〜む・・・。なのです(自分のキャスティングの腕はさておき)

と。今頃になってリーダーシステムの重要性に気づいちゃいました。僕・・・。 やっぱりこの辺りのことでドリフト性能も大きく左右されますし。やっぱり一人前のフライフィッシャーになるためには、 自分の基準となるリーダーシステムが必要です(今頃気づくかな・・>僕)!とは言え、 リーダーは各社から様々な種類が発売されていて、何を選べば良いのかさっぱりわかりません・・・。

最終的には自分でノッテッドリーダーを作るのがよいのでしょうが、 とにかくそのためにも基準となるテーパー構造を把握しないと手の出しようがありません・・・。 と、言うことでちょっと時間と手間と少しのお金をかけて、色々なメーカーのリーダーを比較してみなければと、 最近思う僕なのです。

リーダーシステムに関しては、それぞれの釣りのスタイルやキャスティングはたまた使っている ロッドやラインによっても大きく変わってくる部分ではあると思うのですが、 みなさんのリーダーシステムの選び方や、これがお勧めリーダーなどを教えて欲しいなぁ・・・。 なんて思っています。良かったらBBS にカキコしてください。

2003年2月12日 ダブルハンドがやってきた!

いや〜!買っちゃいました ダブルハンド。テンリュウK・ブリットDH1304-#7。Yahooオークションで\33,000です。 送料などなどを入れて約\35,000のお買い物。

さっそく、家の中でロッドをつないでみます。う〜む・・・。なんて長いんでしょう! アクションについてはなんと言っても、始めてのダブルハンド。まったく分かりません・・・。

早速振ってみたいところですが、#7のライン持ってません。私。いや一本だけあるんです。 これもYahooオークションで落札した3Mのウエットティップが。 しかし、始めて振るのにウエットティップというのも、やっぱりなんですから・・・。

空いているリールも変えスプールもないので、リールから調達しないといけません。 やっぱりダブルハンドに付けるリールですから、ディスクドラッグのしっかりとしたリールが欲しいところです。 だって、大物釣るんですから(はぁと)。私。

できれば最近気になるラージアーバータイプが欲しいところです。 やっぱりリールと言えばハーディーだろうと探してみると、「UltlaLite Disk LA reels」というのがあります。ラージアーバーでディスクドラッグのタイプです。 #7だけを考えるなら、サイズは#7/8(DT8F+60yds)でも良さそうですが、 しかぁ〜しぃ!!僕にはFFフェスタで買ったレビューの#10があります。 さらに、サーモンなんかも釣っちゃうかもしれません。

となると・・・。ちょっとラインキャパが足りません。バッキングが60ydsというのは、 きっと釣ってしまうビッグ・サーモンには不足してると言えるでしょう。 ひとつ上のサイズだと#9/10(DT10F+100yds)です。これなら充分な容量です。

さて。お値段はイナガキのHPには\33,400となっております。 変えスプールが2つは欲しいところです。となると・・・。ち〜ん。約\70,000です・・・。 その他にもフローティングライン&シンキングのインターミディエイト〜TypeIIIくらいまでは欲しいところです。 なんと!恐ろしいことに約10万円コース・・・。そんなに金かけたら、何が何でも釣らないわけには行きません!!

しかし・・・。そんなにお金ありましぇん・・・。私。ど〜しよう!?困ったゾ!

2003年2月7日 よくよく考えてみると・・・

1月30日,2月2日とパインレイクに行きシューティングヘッドで豪快な釣りをしたので、 なんとなく繊細な釣りをしたくなり今日、YGLヤドリキへ! ここならユスリカのハッチもありライズもあるでしょ(はぁと)と!出かけてきました。

釣り自体はそ〜と〜、楽しんじゃったのですが、帰ってきてよくよく考えてみると・・・。 この1週間で3日間も管理釣り場に行っちゃってます。管理釣り場それは!最新の用語だと 「エリアフィッシング」。誰にでも分かるように言うと「釣り堀」です。

使った代金2万円・・・。 って。おいおい・・・。管理釣り場代2万円って言うとなんかそ〜でも ないような感じがするけど、釣り堀だぞ!釣り堀。釣り堀代が1週間で2万円はちょっとすごいぞ!!

だって、近所にある「菅生錦鯉センター」で2万使うの大変だもの・・・。 1時間500円で、しかも10kg釣ると1時間無料サービスなんだから・・・。ちょっとやそっとじゃ使えないって!

う〜む。釣り師としては正しい姿だとは思うのだけれど・・・。いい年した大人としてはどんなもんでしょ!? と言いつつ、来週あたりリバースポット早戸へ行って来ようかと思ったりもしています・・・

2003年2月1日 明日もパインレイク。

いや〜。1月30日に行ってきましたパインレイク。アベレージが40cmのピンシャンレインボー。 20匹以上釣りまくって大満足(詳しくはフィールドレポートで)。 そして、明日、2月2日も行ってしまうんです、パインレイクへ。 私、いい年した大人としてこんなに釣りまくっていて良いんでしょうか? いやいや。釣り師としては実に健全な姿と言えるでしょう。

今回は思ったように魚を釣れたので大満足。しかし、また新たな課題も。 まず課題その1は、50cmオーバーを釣りたい(はぁと)です!いるんですよ。いるんです。 パインレイクには。60cmを軽く越えるようなサイズのやつも! しかし、こいつらさすがになかなか相手にしてくれません。で。 帰りの車の中で考えました。やつらの気を引けるのはすごく大きなフライか、 すごく小さなフライのどちらかだろうと・・・。で、帰ってきてからせっせとタイイングに励み、 新作を試作してみました。さらに、リーダーシステム&ティペットも考えないとキャッチできません。 小さなフライを使ったとき、どこまでティペットを太くできるかが問題です。

課題その2は、ドライフライで釣りたい(はぁと)です。 しかし、これはお魚さんの気分次第。ライズがあれば試してみたい。 なかなか#20のフライ&7xティペットで40オーバーの魚とやりとりできるチャンスはそうそうありませんから、 ぜひ!チャレンジしたい!!

ということで、明日はピエールさんと、パインレイクです。

http://www.flyfishing.jp/
フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。