管理釣り場爆釣マニュアル 「エッグのタイイング」

フライフィッシング・リバーサイド・ロゴ
TOP > 管理釣り場爆釣マニュアル > エッグのタイイング

エッグ

HOOK : ワイドゲイプのフック
SIZE : #12〜#16
THREAD : ボディと同系色のスレッド
BODY : エッグヤーン,グローバグヤーン

エッグにはワイドゲイプのフックを使わないと、フッキングがとても悪くなります。写真のフックはTMC206BL#12。206BLはフックポイントがとても鋭く、ファインワイヤーなのでフッキングは最高であります!

しかし・・・。石にフックポイントが当たったり、根がかりしてしまうとすぐにダメになってしまうと言う欠点もあり鱒。TMCなら、104SPもフッキングも最高!ワイドゲイプでお勧めであります!

エッグは使うフックによって釣果がまったく変わってきます。フック選びは慎重に!
スポンサードリンク

エッグのタイイング

フックの中央付近にスレッドで下巻きをします。

エッグヤーンを長さ5cmほど切ります。

切ったエッグヤーンを半分のところで折り返しシザースでカットします。

半分でカットして2本分の太さ長さになったエッグヤーンをシャンクの真上に乗せ、スレッドを3回転ほどさせて強く巻き留め固定します。

この時に留めるエッグヤーンの太さが、完成したエッグの固さ(密度)になります。あまり固すぎると、すぐにニジマスちゃんがはき出してしまうので、2本分くらいの固さがちょうどよろしいかと思い鱒。

固定したエッグヤーンを指で上に持ち上げます。

持ち上げたエッグヤンの根元にパラシュートのポストを作る要領で(フックシャンクと平行に)、スレッドを強く2〜3回巻きます。ウイップフィニッシュやハーフヒッチで固定し、スレッドをカットします。

固定したエッグヤーンを上方向に持ち上げ、5mm〜1cm(これがエッグの半径になります)ほどのところを、よく切れる大きめのシザースで一気にカットします。

コツは一発でカットすること。一発でカットできないと、奇麗な丸い形になりません。

カットした直後はこーなってます。

指でエッグヤーンを下側へ下側へと廻し込むように引っ張ります。

エッグ完成!
スポンサードリンク

ちょっとおしゃれなエッグ

目玉入りのエッグのタイイングです。

まず。写真のように2色のエッグヤーンを重ねた物を作ります。目玉になる部分(写真では白)がエッグヤーン1本の半分の太さ。本体(オレンジ)が1.5本分くらいの太さが標準であります。

これ以降のタイイング方法は普通のエッグとまったく一緒です。


エッグヤーンをシャンクに固定したところであり鱒。

カットして仕上げた目玉入りのエッグちゃん。おしゃれであり鱒!
スポンサードリンク

TOP > 管理釣り場爆釣マニュアル > エッグのタイイング
http://www.flyfishing.jp/
初版:2004年06月30日

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。