リーダーの研究 フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

【リーダーの研究】

フライキャスティングにおいてリーダーがしめる役割は大変大きなものがあります。どんなにキャスティング技術があっても、使っているリーダーがフライラインのパワーをうまく伝達しつつ、適度に殺してくれないと、思ったポイントにフライをプレゼンテーションできません。

また、実際に魚を釣る上で重要なメンディングやカーブキャストなどのテクニックは、使っているリーダーのテーパー構造とその素材で操作性が大きく左右されます。

リーダーの研究では現在市販されている様々なリーダーを実際にフィールドで使用し、私なりに感じたことを記載していきます。

また。多くの方からの実際に使用されているリーダーの使用感なども掲載させていただきたいと思います。多くの方からのインプレッションをお待ちしています。

始めに

多くの方が市販のリーダーにティペットを継ぎ足して、あるいはそのままフライを直結で、または市販リーダーをベースに自分なりの改造をして使っているのではないでしょか?私もその中の一人です。

自分の釣り方にあったリーダーシステムを確立しようと試行錯誤する中で(現在進行形です)、「まずは現在市販されているリーダーにどのような特徴があるかを把握しなければなぁ」と思い、プロショップで販売されている様々なリーダーを購入し、実際にフライを結びキャスティングし比較してみました。

それまでリーダーには、たいした違いはないと思っていたのであまりこだわることもなく、適当に選んで使っていました。しかし、実際に比較しながら使ってみるとそれぞれのリーダーには驚くほど大きな違いがあり、操作性もまったく違ったものでした。

多くの人がドライフライ用の理想のリーダーとして思い描くのは、どんなフライ(大きくても小さくても)を使ってもスムースにターンオーバーし、ソフトプレゼンテーションが可能で、カーブキャストも意のまま、メンディングしてもフライはびくともせず、驚異的な距離をナチュラルドリフトできる。当然、リーダーの性能だけで実現できるものではありませんが、リーダーを意識しないでは、実現不可能なのは間違いのないことです。

リーダーの性能を決めるのはテーパー構造と使われている素材です。へービーテーパーなものほどターンオーバー力は強くなり、スローテーパーになるほどターンオーバー力は弱くなります。

またリーダーに使われているナイロン素材には、柔らかいものから硬いものまで、いろいろな種類があります。一般的には硬い素材のほうがターンオーバー力は強くなりますが、メンディングやカーブキャストなどの操作性は悪くなる傾向があります。素材が硬いリーダーでのメンディングは力加減が難しく、失敗すると大きくフライまで動いてしまいます。カーブキャストで、カーブかけたつもりが完全にターンオーバーしてしまうということも起きてしまいます。

また使っているロッドやフライライン,ティペットを含めたリーダーの全長,キャスティング技術などによっても大きく印象は変わってきます。

以下の「市販リーダーの比較」は、市販されているリーダー(6x9ft)にフライ(#14エルクヘアーカディス)を直結し、実際にキャストしてみての印象です。使用タックルは7”9 #3(ファーストテーパー)です。以下の各リーダーについてのコメントはあくまでも使ってみた印象で、定量的に何かを計測したものではありません。よって、私のキャスティング技術や使用タックルから見た印象となります。キャスティング技術やタックル、フライが変われば当然違った印象になることもあります。

現在市販されているリーダーでターンオーバーに疑問を感じるものはありませんでした(当然といえば当然なのですが)。フライがちゃんとターンオーバーしないという方は、まずキャスティングを練習してください(^_^;)。メンディングやカーブキャストがなかなかうまくできないと思っている方、一度使っているリーダーを変えてみてはいかがでしょう?結構思っているよりも簡単にできちゃったりします。

また。自分のリーダーシステムはこうしているというご意見などありましたらどしどしとお寄せ下さい。私一人のインプレッションや情報よりも、様々な方のシステムを参考にさせていただき情報が蓄積できれば大変意味のあることだと考えています。

市販リーダーの比較

【flux kty S・F】

テーパーは現在市販されている多くのリーダーと比べると若干スローテーパーです。使われているナイロン素材はしなやか&柔らかめで、軽く引っ張るだけですぐに巻き癖がとれます。

素材がしなやかなため、メンディングのコントロールはしやすく、フライを動かさずにテーパー部だけのメンディングも容易です。リーダー直結でも、スムーズなカーブがかけられます。

しかし、スローテーパー&柔らかめの素材のため、空気抵抗の大きいフライやウエイトを巻き込んだ重いフライでは、もてあまし気味になってしまいます。

また、紙で束ねられているためリーダーの取り外しがとても簡単にできます。これ重要ポイントです。

【Dai-Riki GTS】

どちらかといえばヘビーテーパーのリーダーです。素材は堅いナイロンです。ヘビーテーパー&堅い素材なのでターン力は高いリーダーです。

しかし、その分メンディングの力加減が難しく、ちょっとした力の入れ具合によって大きくフライまで動いてしまいます。また巻き癖は取りにくいです。

大型フライで短距離を釣るには向いているリーダーです。


【Varivas All Purpose Nylon】

ターン力,メンディング&カーブキャストのかけやすさ,巻き癖の取りやすさなど、どれも不満のないレベル。どんな場面にでも対応できるリーダで許容範囲が大きいのが特徴です。

ただ、どんなことにも対応できると言うことは、全てがある程度のレベルにまとまっているため、例えばメンディングやカーブキャストのしやすさだけを見ると、Kty S/Fやマキシマには劣るし、ターン力だけを見れば、Varivas Special Dryや、Dai-Riki GTSなどには劣ってしまいます。

どんな状況下わからない場合、「とりあえずこれで」やフライフィッシングを始めたばかりの方が使うリーダーには向いていると思います。

【Maxima】

多くのエキスパート愛用のリーダーです。スローテーパーで素材は大変しなやかで柔らかいナイロンです。

スローテーパー&柔らか素材のためプレゼンテーションが大変ソフトに行えます。また、リーダー直結ではカーブキャストのかけやすさはNo1ではないでしょうか。

継ぎ足すティペットの長さや使うフライによっては、ターンオーバーが難しくなることがあります。

マッチザハッチ向きのリーダーで、フライフィッシングを始めたばかりの人や、キャスティングが苦手な方はもてあましてしまうと思います。

【2004.06.27 追記】
と。前回書いたのでありますが、最近はちょと印象が変わってきています。

まず、ターンオーバー力は以前はそうでもないと言う感じだったのですが、最近はかなり強いな!というのが印象です。また、それもバチンっと強力にターンしてしまうのではなく、ソフトにフライまでターンするという感じであります。

ライズを狙う釣りだけでなく、色々な釣り方で使えますな・・・。最近はMaximaがあれば他はいらない!なんて思っちゃったりしております。

\400というのがちょっとお高いのでありますが、バット部分はトラブラない限り4〜5回は平気で使えるので、それを考えれば割安でありますゾ!

一押しであります!

【Marryat】

素材の堅さは堅くもなく柔らかくもなくと言う感じです。Varivas All Purposeと同じくらいでしょうか。

ターン力が強いため、ティペットを継ぎ足さないとソフトプレゼンテーションやカーブキャストは難しいです(カーブをかけてもターンしてしまいます)。

釣り上がり向きのリーダーで、大きく空気抵抗のあるドライフライや、ピンポイントにフライを入れていく釣りには向いています。ソフトプレゼンテーションやカーブキャストやトリックキャストが要求される釣りには使いにくいと思います。

【Akron Standard】

Varivas All Purposeと同じような特徴のリーダーで、どんな釣り方にもあるレベル以上で対応できます。

しかし。やはりトリックキャストのしやすさや、ターン力など特定の機能だけに注目するとNo1と言う感じではありません。

巻き癖は取りやすいという感じではなく、取りにくいという感じでもない・・・、ほどほどでしょうか?

しかし。私が状況がわからないときにとりあえず使うリーダーでもあります。

【Varivas Specialist Dry】

堅くもなく柔らかくもなくと言うナイロン素材です。ターンオーバー力は強力で、空気抵抗が大きくフライでもこなせます。

メンディングのしやすさ、カーブキャストのしやすさは可もなく不可もなくと言うところです。

ターン力が強いのが特徴でしょうか。

【Varivas Airs】

単純なナイロンではなく、中空ナイロンが素材のリーダーです。リーダーのバット部からティペット部まで8個のエアーホールという穴が空いていて、その中に空気が入っているので、流れの中でも浮力が強くよく浮きます。そして、リーダーが浮いている間は確かにメンディングはしやすいです。

しかし、使い始めはよいのですが、使っている内にエアーホールの中に水分が入り込みだんだんと沈んでしまいます。そうすると空気が残っている部分がまるでイマージャーのように水中で煌めきます。これはとっても目立ちます。

ターン力,メンディング,カーブキャストと共に標準的なレベルだと思います。釣り上がり向きのリーダーだと思います。


みなさまから寄せられたコメント

【ネン・ランディアさん】
リーダーは僕はマキシマオンリーです。
フライサイズやポイントに合わせて長さや太さを変える位しかしていません。


【いちのぶさん】
最近はエアーズ使う事が多いんですが、そうですかぁ・・・あれって水吸うと水中でキラキラし過ぎちゃうんですかぁ・・・そう言えば前に忍野で渡辺さんにも指摘されたことが有ったなぁ・・・でも、しなやかで合わせの時にショックを吸収してくれて合わせ切れとかが少なくなったような気もしてたんですが・・・


【I魔神さん】
みなさん独自のリーダー理論をお持ちのようですね
確かにリーダーの特性を知り使いこなす、岩井理論により近いことでしょう
がしかし・・・魔人は価格と一般性にこだわります
どんなに性能がよくても、高すぎて交換をためらうようでは困るし
ティペットとの相性も不可欠、餌釣り用のナイロン糸と硬さ強度が近いこと・・・こんなことで現在はマリエットのリーダーに銀鱗
年中トラブってリーダーを短くしてしまう私はティペット部分が長い
9ftを愛用してます


【J・J・BOYさん】
リーダー、ちなみに僕は、ドライのときはバリバスのヤマメ14ft(ピンクのやつ)にティペット付けないで使ってます。(これ以上長いと、僕の腕では絶対無理!)
職場の師匠のおすすめですが、ティペット部分が40パーセントと比較的長く、フライをフワッと落とせるのでいいかな?と思ってます。

スポンサードリンク

http://www.flyfishing.jp/
フライフィッシング・リバーサイド・トップページ
初版:2003年11月7日 最終更新:2004年06月27日
2004年06月27日 Maximaに一部加筆。

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。