YGLヤドリキ(2003.2.7)フィールドレポート フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

フライフィッシング・リバーサイド・ロゴ
フライフィッシング・フィールドレポート


フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

YGLヤドリキ:2003年2月7日

パインレイクで、ストリーマーをシンキングラインで引きまくるという豪快な釣りを2日もやった反動か・・・。繊細な釣りがしたくなり丹沢にあるYGLヤドリキへ。

ここは自然渓流を利用した管理釣り場で、1kmほどの距離があります。上流部は人手が入っているのですが下流部は自然のままの釣り場!数が釣れる釣り場ではないですが、新しい釣り方やフライを試したりなど、いろいろなテーマを持っていくと楽しめる場所です。

実は僕。ウエットやニンフなど沈める釣りはここでいろいろ試してなんとかものになってきています。

今回のテーマは2つ。
  1. ライズの釣り(当然ミッジなんですが・・・)
  2. ニンフフィッシング
です。少し早めに家を出て9時頃に駐車場に着くと、なんと!真冬の平日だというのに10台ほど車が止まっています!!この人たち、平日からこんなに釣りしていて良いんでしょうか?一体どんな仕事をしてるんでしょう(それはお前もだ!>僕)?

と。自分のことはさておき勝手なことを考えつつ管理棟へ・・・。

スポンサードリンク


こんな感じの流れが1km


いきなり釣れたニジマスちゃん


ヤマメチャンがライズしていたプール
今日は、私の師匠・菅さんのオリジナルロッド#3で挑みます。ここでいつものウインストンを持っていくと、すぐにウエットフライを始めちゃって、今日のテーマをものにできません。場数を踏むごとに手に取るように自分の行動が読めるようになってきています。これで、またも一人前の釣り師に近づいたと言えるでしょう!?

川の状況はユスリカのハッチがちらほら、それにつられてライズをしているヤマメチャンの姿も!これで今日のテーマの「ライズの釣り」ができます。と。思いつつリーダーに9ft3X。ドロッパーにシルバーサルタン#12。リードフライにこの前の惨敗後の新作ピーターロス#20なんかを付けちゃってます・・・。
まあ。最初だけちょっと言うことで・・・。

おりゃ!っとダウンクロスにキャストするとあっという間に、ニジマスちゃんが釣れちゃいました。しっかりとリードフライを食べてます(はぁと)。う〜む。ピーターロス#20は試作から、正式採用にしましょう!

その後、リーダーシステム&フライを変え、ライズしているヤマメチャンに挑みます。とりあえず7Xのティペットに#20のフローティングピューパーを結んでみます。キャストもきまりバッチリフィーディングレーンを流れているんですが、チラっとも僕のフライを見もしません・・・。まったく愛想のない奴です。

ティペットを10Xに。フライも僕が持っている中で一番小さい#26を付けてみます。今度は横目でチラッと見ただけ・・・・。う〜む。かわいくない奴です。

その後、グリフィスナットからCDCダン、ミッジピューパー,フェザントテール・・・、しまいにはコカゲフローティングニンフなどなど、ありったけのフライを投げまくるも、まったく見向きもされず・・・・。今日も惨敗だぁ・・・。

ライズは釣れそうもないのであっさりとあきらめ本日のテーマ2「ニンフフィッシング」へ。いままで、どうもニンフが苦手で・・・。ほとんどやったことないのですが、やっぱり!僕の目標はオールラウンドにこなせるフライフィッシャー。今日はもう、一日ルースニング&アウトリガーやりまくって、ニンフフィッシングをマスターしてやろうではないですか。

まずは全長で12ftほどのリーダーに6Xのティペットを1mほど付けて、ルースニングをしてみます。フライは前回来たとき唯一良かった、ハーズイヤー#18です。

しかし。いつも思うのですが、ルースニング用のマーカーってなんかどれもこれも決め手に欠けるという感じで、なかなか自分のスタイルに合うマーカーが見つかりません・・・。まあ。今まで本気でこの辺のことは考えてなかったからなんですけど。今度、いろいろ研究してみましょう!

などと考えていると、マーカーにあたりが!写真のヤマメチャンでした。このあたりですでに13時頃になっています。

と。なんか突然濁りが・・・・。最初は喜んでいたんですが、だんだん強くなっていくんですけど・・・。もう30cm下にある自分の足、見えないんですけど・・・。(あとで聞いた話では支流で土砂崩れがあったらしい・・)

しかし!釣りは濁りが入ってきてから魚の活性があがり絶好調!!「たぶん食ってくるとすると、あの岩と岩の間だから、あの流れの筋にキャストして、このあたりでメンディング一発入れて、そんであそこでマーカーに当たりが!」なんて、イメージしてキャストすると、イメージ通りに魚が出て来るではないですか!!

いや〜。ニンフフィッシング面白いです。ニンフも水面下の釣りなんでウエットフライと一緒でイメージの釣り。今まではただ漠然とフライ流してマーカー見てただけだから、あんまり面白くなかったけど、水中をイメージして攻めていくとこれは面白い!!

ニンフの面白さが分かったのが今回の一番の収穫。最後にはイワナ君も釣れ、幸せな気持ちで家路につくのでした。釣れた数は15匹くらいでしょう・・・。しかし。ここは数釣れないねぇ・・・。

スポンサードリンク

最初に釣れたやまめちゃん


ちょっとわかりにくいですが。濁っちゃってます。


最後に釣れたイワナ君。
フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。