フィッシュオン王禅寺(2003.3.4)フィールドレポート フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

フライフィッシング・リバーサイド・ロゴ
フライフィッシング・フィールドレポート


フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

フィッシュオン王禅寺:2003年3月4日

2003年3月1日にオープンしたフィッシュオン王禅寺に行って来ました。ここ僕の家から車でわずか10分という近さ。オープン日はすごい混雑になるだろうと週末を避け、平日に出撃です!

釣り場はフライ専用ポンド、ルアー専用、ルアー&フライポンド、エサ釣りポンドと4種類。そして!なんと営業時間が朝6時から夜10時まで・・・。なんという営業時間なんでしょう。

さらに料金も平日6時間3千円。3時間2千円などと夜7時過ぎからも釣れるようになっている料金体系・・・。そんな営業時間でそんな料金だったら一仕事終わってから行けちゃうじゃないですか!う〜む・・・。悪魔のような管理釣り場です・・・。

フライポンドの大きさはパインレイクと同じか少し小さめでしょうか?ポンドのすぐ近くまで車で行けることや、クラブハウス,トイレなど設備はすごく充実しています。

フライポンド水深は4.5m。足下からすぐかけあがりになっていて、2mくらいで4.5mの最深部になるそうです(帰りがけに聞いた受付の人談)。

スポンサードリンク

クラブハウス


フライポンド


今日の一匹目!


今日のナイスフィッシュ!


最後に釣れたヤマメチャン。
10時ちょっと前に家を出て、10分後にはもう釣り場に!でも。風がすごすぎます・・・。家を出るときは「ちょっとだけ見に行って、あんまり風が強かったら釣らないで帰ってくるから」なんて言っちゃってます。

釣り場につき車の中で様子を見てみます。釣り場についてもあわてて釣り出さない辺りが俺も一皮むけたなぁと感慨に浸りつつ、一応観察してみます。風。強いです・・・。でも20人くらいの人が釣ってます。ど〜するかなぁ・・・。と思いつつ。

10分後。やっぱやっていこう(はぁと)。

やっぱり釣り場を目の前にして帰るのは無理でした・・・。6時間券を購入し早速フライポンドへ。

今日のタックルはオービスPM10#6にTypeIIのシューティングヘッドシステム&ウィンストン WT #6にフローティングラインの2本を用意します。まずはフライをオリーブのウーリーバッカーにしTypeIIで探ってみます。

しばらくして1匹目が釣れるものの、なかなか思ったように釣りが展開できません。強風でキャスティングがうまくできないのも理由なのですが、なんとなく釣り方&フライパターンがしっくりと来ません。

水が結構濁っているので得意のサイトフィッシングはちょっとつらい状況・・・。フライをエッグやソフトハックル,ニンフパターンといろいろと変えてみるものの爆釣モードに突入できません・・・。

う〜む。王禅寺でも100匹釣りを達成するためには研究がいりますなぁ・・・。結局釣果は6時間で20匹ほどとまあまあの結果。

フィッシュオン王禅寺は魚種も豊富で80〜90cmくらいのイトウも入っているそうです!なんとそのイトウ1匹\25000もするらしい・・・。

帰りがけに隣で釣っていた人が65cmくらいのレインボーを掛けていたので。「大きいですねぇ」と話しかけたところ、「いや〜。オープン日も来たんだけど、その日に80cmくらいの釣ったから、そんなに大きくないよぉ(はぁと)」だって・・・。


家から近いこともあり、また夜10時までの営業時間といい楽しみな釣り場です。今度は王禅寺でも100匹釣りを達成できるよう研究していこう!!と釣り場を後にする僕なのでした。

スポンサードリンク

フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。