裏磐梯・大倉川,高森川(2003.5.17)フィールドレポート フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

フライフィッシング・リバーサイド・ロゴ
フライフィッシング・フィールドレポート


フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

裏磐梯・大倉川,高森川支流:2003年5月17日

5月下旬の裏磐梯、そこはパラダイス。雪代に洗われたヤマメやイワナが遅い春の訪れにはしゃぐ、フライフィッシャーの桃源郷。

のはず・・・。

という噂を聞いて、ピエールさんに
「裏磐梯に僕たちのパラダイスがあるらしいよ。そこでは、もう辺り一面ライズ!ライズ!ライズ!尺ヤマメの2〜3匹くらい軽く釣れちゃうかもよ。だってパラダイスなんだから(はぁと)」と囁きかけ、ピエールさんの家族サービスの予定もなんのその、中年2人はパラダイスを目指し夜の東北道を北へひた走るのでした。

夜中の12時過ぎに家を出て途中サービスエリアで仮眠をとり、9時頃磐梯熱海IC着。ピエールさんも僕も始めての裏磐梯、いろいろと仕入れた情報から判断して、まずは高森川行ってみることにします。

適当なところへ車を止め川へ降りてみると、渓相はとても良く水量も申し分なし!ハッチはカワゲラに混じってカゲロウやガガンボが少し出ている結構良さそうな状況。

しかし、入渓点から100mも行かないうちに早くも先行者の影が・・・。仕方がないので、車へ戻り下流へ向かってみるけれど、降りられそうな場所には必ず車が止まっている。

車のナンバーを見るとほぼ福島ナンバーの地元の車。やっぱり地元の釣り師がこれだけ入っていると言うことは状況は良いのだろうけど、いかんせん入れそうな場所が見つからないので、高森川をあきらめ大倉川へ行ってみることに。

スポンサードリンク

高森川・入渓点


高森川・先行者は滝の上流に


大倉川


かわいいイワナ君。
大倉川に行く途中の西高森川,小倉川と覗いてみるけれどここにも先行者の影が・・・・。

大倉川に着いてみると、やっぱりかなりの人が入っています。状況を見ながら上流へ向かってゆくと、車が5台くらい止まり7〜8人のフライフィッシャーが固まっているところがあります。なんだろ?と近づいてみると、里見さんがスクールをやっていました。

大倉川は、100m〜150mくらいの間隔で堰堤があり川が区切られています。しかし、その区間ごとを釣っていくような川なので先行者も気にせず入渓できます。それにこれだけの規模の川ならそんなに先行者関係ないし。

こちらもハッチは高森と同じ、淡い黄色のカワゲラが主体。ライズも散発ながらしています。まずはソラックスダン#14を付け様子を探って見るも反応しません。ライズをよく見てみるとやっぱり、カワゲラにライズしているのでフライをボディーを黄色でハックルをグリズリーで巻いたエルクヘアーカディスにチェンジ!

一発で出ちゃいました。結構良いサイズのヤマメちゃん。しかし、空振りしちゃってます・・・。僕。

その後、堰堤まで釣り上がるも反応なし・・・。仕方ないのでもう一度下流に戻り釣り上がってみると、今日の一匹目!イワナ君が釣れました。しかし見ての通りとってもかわいいサイズ・・・。


ピエールさんに話を聞いてみると、なんと「ボ」です・・・。まあ僕もほとんど「ボ」・・・。この時、中年2人の脳裏には、もしかしたらパラダイスはここじゃなかったのかという思いが・・・。

「ボ」のピエールさんの決断で、大倉川に見切りをつけ高森川の支流へ移動してみることにします。行ってみると大倉川とはうってかわり、結構な藪。

まずは川について、今日最後の勝負になるであろうピエールさんを写真にパチリと撮って、さ〜あ行くか!と一歩踏み出したとたん、足下がグラッと崩れ去り、気がついたら川の中。久しぶりの「沈」・・・・。5月下旬とは言え、とっても寒いですけど・・・。裏磐梯。

ベストを脱ぎ、おそるおそるデジカメを入れていたシャツのポケットを見てみると、見事に水浸し・・・。カメラの電源を入れてみるけれどビクともしません・・・。去年の道志川に続きやっちゃいました・・・。乾けば治るかなぁ・・・。

「沈」したからといっていつまでもショックを受けていうる場合じゃありません。だって裏磐梯まで来てるんです。僕たち。

ピエールさんは右の沢へ、僕は左の沢へ。左の沢は藪を抜けてみると規模は小さいけれど、開けた自然林をゆったりと流れるまるで北海道の川のようです。

500mくらいの区間で小さいのが2,3匹出たもののフッキングせず。しかし尺クラスの影も見たので、釣れれば良い川だなぁ。ここは。釣れれば。

車に戻ってみると、ピエールさんは23cmのヤマメを釣ったそうです。その後、イブニングの一発勝負に大倉川まで戻るも2人とも不発。

パラダイスを求め片道4時間30分、裏磐梯まで来てみたものの、少なくとも5月17日はパラダイスじゃなかった・・・。あと一週間遅かったらパラダイスなのか?

スポンサードリンク

ボをかけ最後の勝負に、そして
最後の写真・・・
フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。