忍野(2003.6.3)フィールドレポート フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

フライフィッシング・リバーサイド・ロゴ
フライフィッシング・フィールドレポート


フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

忍野:2003年6月3日


新名庄川合流点


木の下で


ライズする
今日の忍野は、金曜日に降った大雨の影響で増水気味、上流部は濁ってはいないけれど、途中で合流する新名庄川からの濁りで下流部は笹濁りという状況。

新名庄川との合流部は茶色に濁った水と、本流からの澄んだ青い水が混ざり合いながら数十メートルの間境界線を作り、ミニアマゾンのようになっている。

めぼしい流下は見られないものの、魚は上擦り、ライズしているものや、水中の流下物を体を左右に振りながら盛んに捕食している個体が結構見られる。パラダイスの予感。

合流点から少し下った大きく張り出した木の下側でライズ発見!5〜6匹が盛んにライズを繰り返している。さて、流下は何かなと目を凝らしてみるものの、流下物は確認できない・・・。う〜む。何を食べているのだろ?

分からないので、まずはフライを新作のフローティングニンフ#16、リーダーは全長で15フィートくらい、ティペット8X。木の枝が覆い被さっているのでロールキャストでフライを落とし、フリッピングしながらフライを送り込んでいく。

と。一発でニジマス君が釣れちゃいました。このパターンで2匹キャッチするものの、水面上での反応が悪くなってきたので、フライをフェザントテール#18に変更し水面直下を漂わせてさらに2匹追加。う〜む、パラダイスの予感。

スポンサードリンク

定位してライズしている個体はほとんどいないものの、水中の流下物を捕食している個体はたくさんいる。それも小さな奴ばかりでなく、尺クラスの奴も。こういう奴を釣るには、ラバーショットを使った得意のサイトフィッシングが一番!フライはハーズイヤー#18で様子を見ることに。

富士急ホテル前に着くまでにサイトフィッシングで7匹追加。使ったフライはハーズイヤー#18,フェザントテール#16,カディスラーバ#14。面白いのは個体によって明らかに捕食スイッチの違いがあること。

シルエットなのかサイズ、または色なのか?同じ水流にフライをのせて魚の鼻先までドリフトしても、使っているフライによってまったく無視されたり、食べようかどうか迷ったあげく見切られたり、あるいはなんの疑いもなく口にしてみたり。

ストマックを取ってみるものの、抜け殻やサイズにして#30以下の小さなニンフなどほとんどこれと言ったものは食べていない・・・。ハーズイヤーで釣れた奴も、カディスラーバを食べた奴もストマックの中身はほとんど同じ。

なんでも良さそうなんだけど、明らかに捕食スイッチが個体によって違っている・・・。個体差なのか、たまたまドリフトがうまくいき捕食タイミングと一致しただけなのか・・・。

ハーズイヤーをさんざん流して無視し続けた個体に、カディスラーバを投げてみると一発で食ってくる。ティペットはそのまま。やっぱりフライが持つ信号の何かが捕食スイッチを入れているとしか思えない。やっぱりフライパターンはたくさんいるナぁ。

その後、18時頃までにイワナやヤマメも混じり17匹!忍野での自己記録更新し、ピエールさんの待つ富士急ホテル前へ。

いや。昼過ぎにピエールさんから18時頃忍野へ来るという電話が・・・。良いんでしょうか?仕事は・・・・。良いみたいです・・・。

ヒレピン・レインボー


昼間のベストフィッシュ・35cm


ニジマス・50cm
グリズリーキング#10
19:00頃。富士急ホテル前のプール。

ライズは、バシャっというまばらながらハッチしているカディスに対するものと、水面がモワッと揺れる水面下の流下物に対すもの。ときどき、下流にある倒木の裏側でバッシャンというもの凄い音がする。

まずは目の前のライズに、カディスアダルトをナチュラルドリフト&フラッタリングし30cmくらいのニジマスを1匹追加。

「バッシャン」。5〜10分に1回くらいだけれどやっぱり下流の倒木の裏側でもの凄い音がする。

倒木は流れを半分せき止め、その裏側にできる巻き返しでライズをしているらしい。あのライズはカディス。間違いなくカディス。そして、ライズリングの大きさ、音の重量感,ポイント、明らかにそいつだけ違う。どう見てもでかい。

リーダーを3x9フィート、リードフライに、昨日新宿サンスイでなんとなくフライを見ているときに目について、一本だけ巻いてきた#10のグリズリーキング、ドロッパーにはダンケルド。倒木の下流側からライズスポットにフライをキャストする。

アップクロスでのアプローチなのでフライがポイントにとどまっているのは3秒くらい。フライを完全にターンオーバーさせ、着水直後にフラッタリングをする。

5回目のキャストだったろうか、6回目だったか。バッシャンというもの凄い音と共にフライが消えた。

パラダイスを見つけた。

スポンサードリンク
フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。