養沢川(2004.3.10)フィールドレポート フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

フライフィッシング・リバーサイド・ロゴ
フライフィッシング・フィールドレポート


フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

養沢川:2004年3月10日


CDCソラックスダンと


エルクヘアーカディス


魚がいたのはこういう流れ。
しかし!ドライには出ない・・。


サイトで釣れた「ブルック」?
今年の渓流釣行は8年ぶりくらいに訪れた養沢川でスタートです。今日は高気圧に覆われ、天気予報では最高気温が20度近くになると言うポカポカ陽気。シーズンのスタートを切るにふさわしい良い天気です。

しかし、まだまだ三月初旬あまり早く行っても釣りにならないだろうと9時頃管理棟に到着します。今日のテーマは2つ!

1.とてつもなく久しぶりなドライフライの釣り(たぶん去年の8月以来)
2.里川でのウエットフライの釣り

です。

川に着き状況を観察してみるとまだハッチが始まるには時間が早いようで、ライズはまったく見られません。しかし、昨日から気温も上がり暖かくなってきているので、もしかしたらもうドライでいけるかもしれないと、「そば処木の小屋」横の駐車場に車を止め、釣り上がってみます。

今日のドライフライは2パターン。#16のエルクヘアーカディス&CDCソラックスダン。これで釣れなきゃ沈めちゃえ!という潔さ。りーだーは、6x12ftのリーダーに7xを2ftほど付け、全長で14ft位。

駐車場脇のプールにはたくさんのヤマメチャンとニジマスちゃんが定位しています。しかし、流下がほとんどないのか水中でも何かを食べている雰囲気はありません・・・・(ちょっとイヤな予感)。

一応キャストしてみますが、やっぱりまったく反応しません。君たちはきっとそうだろうと思いました。私。いいんです。きっと上流にある良さそうな瀬には、君たちなんか比べものにならないほどやる気にあるヤマメチャンがいるはずなんです。

と、良さそうな瀬の考えられるライン全部にフライを流してみますが無反応・・・(とってもイヤな予感)。エンドウ商店あたりまで釣り上がりますが、瀬には魚の気配なし。プールには魚はたくさんいるけど上見てません・・・。やっぱりドライフライにはちょっと早かったみたいです。この時点で11時頃。

ドライはあきらめ、プールでフェザントテール&ピンクのラバーショットでサイトフィッシングに切り替えます。10匹ほど釣ったところで、ライズが始まり出します(12時頃)。どうも#16くらいのコカゲロウのハッチが始まったようです。

一応ライズを狙ってみますが、なんせドライフライ2パターンしか持ってないので、釣れませんでした・・・。

スポンサードリンク

そうこうしているうちに1時。昼を河原で食べていると、どうもライズの雰囲気がさっきまでとは変わってきました。さっきまではモワっというライズだったのですが、プールの流れ出し付近ではバッシャというライズをしている奴がいます。

流下をよくよく観察してみると、水面を走り回っている奴がいます。それもかなりの数。サイズは#18くらいの黒っぽい小さめの虫です。最初はカディスかと思ったのですが、よく虫を見てみるとどうもカディスとは羽の形が違います。

水面を走り回るのはカディスだと思っていたのですが、どうもカワゲラのようです(帰りにループにより横田さんに聞いたところ、オナシカワゲラだそうです)。

1時過ぎからの流下はかなり多めのオナシカワゲラ&コカゲロウ(このハッチは15時半頃まで続きました)。さらにすごかったのがウエイディングしていると、ウエイディングシューズの上を#28くらいから#14くらいまでの、カゲロウのニンフが数十匹歩き回っています。水面下では相当数のニンフが動いているようです。ウィングパットはまだ黒くなっていなかったのでハッチまでにはまだしばらく時間があるのでしょうが、これがハッチしだしたら、パラダイス(はぁと)です。

ここからドロッパーにクイーンオブウォータース#10、リードフライにホスキンス#12を付けウエットフライを始めます。リーダーは4x9ftのバットを1ftほどカットし8ft。リードフライトドロッパーの間隔は川の規模が小さいので40cm。まずは石の裏側の流れが緩いところでオナシカワゲラにライズしている奴にキャストしてみると、一発でフッキング。

今日は、オナシに反応している魚だったらこの組み合わせでほとんど釣れました。しかしシルバーサルタン#14などのフライがあればもっと楽しかったかもしれません。

反応の良かった釣りかたは、下流にある沈み石に狙いを付けて、流速より遅くフライを送り込んでいく流し方と、大きめの石が沈んでいる巻き返しにフライを沈めて漂わせる流し方反応が良かったのであります。私の大好きなスイングはまったくダメでした。

巻き返しで釣れた魚のほとんどはドロッパーにヒットしていたことから、水深があるところでも流下がある時間帯は、魚の意識はやっぱり表層に向いているようです。

結局、この日はサイトで10匹、ウエットで15匹くらいと、春の里川を楽しんだ一日になりました。

LL修行によってウエットの流し方が変わってきましたゾ!私。

スポンサードリンク

クイーンオブウォータース


ホスキンス


オナシにライズしてたヤマメちゃん


ホスキンスで釣れた


http://www.flyfishing.jp/
フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。