忍野(2004.3.17)フィールドレポート フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

フライフィッシング・リバーサイド・ロゴ
フライフィッシング・フィールドレポート


フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

忍野:2004年3月17日



江戸屋のプール


S字の上流


S字はたくさんの人


自衛隊橋下流
今年も忍野の解禁がやってまりました!

と。朝からはりきって出撃するはずが・・・。2日前から風邪を引いてしまいました。風邪自体は、医者に行き薬をもらったのでたいしたこともなく、もうなんてことはないのですが、問題はかみさんです。

釣りに行ってくる(はぁと)、などと言おうものなら、「あんたはホントにバカだねぇ・・・」と心の底から言われてしまうのは分かり切っています。だって今まで何回も言われてますから(^_^;)。

そこを何とかするために、前の晩から頭を絞って考えます・・・・。「そうだ!明日急に仕事の打ち合わせが入ったことにしよう。(忍野で・・・)」。と、とってもナイスなアイディアが思い浮かびます。

そして。今日。ちょっと重々しく低い声で「これからちょっと仕事の打ち合わせに行って来るから。帰りは8時頃になるな(場所は言いません)」とかみさんに告げ玄関を出ます。ここでスキップでもしてしまおうものならバレバレになってしまうので、グッと堪え重々しくなおかつ威厳のある足取りで駐車場まで歩きます。

なんか小学生が母親の目を盗んで遊びに行くようですが、それも仕方ありません。だって解禁なんですから。


今日の私は仕事の打ち合わせなので、まさか朝5時に家を出るわけには行きません。病み上がりだしゆっくりと行くか!ということで忍野に着いたのは1時30分頃。

朝から釣っているJJBoyさんを探し下流へ向かいながら、今年も激闘を繰り広げるであろう忍野の流れを観察します。やっぱりこの季節#16位のコカゲのハッチが目に付きます。しかし、グッとくるようなライズはなかなか見あたりません。その後、ハッチは夕方4時頃#20位のユスリカが多く出ていました。その他はほとんど目に付きません(私あんまり水生昆虫に詳しくないので、あてになりませんが・・・)。

JJBoyさんと落ち合い、自衛隊橋上流の護岸が切れたあたりで釣り始めます。今日のシステムは、5x12ftリーダーに6x→7xとつないで全長で14ftほど。フライはフェザントテール#14。ラーバーショットの「4」をフライから20cmほど上に付けてのサイトフィッシングです。このポイントでニジマスを4匹釣ります。

スポンサードリンク


続いて、ちょうど護岸の切れ目の一番水深がある当たりに結構大きそうな奴が底べったりで2匹いるのを見つけます。このポイントは水深も深く流心がこちら側によっているので、底まで沈めるのがとても難しいポイントです。

今までの私なら手も足も出ないところなのでありますが、今年の私は違うのであります!LL修行によって今までとは引き出しの数が違います。

まずはショットをBBに、フライを白のメルティスカッドに変更します。問題はキャスティングです。ただでさえもBBのショットを付けて投げにくいのに、魚の上流側に立つとまったくバックが取れないので、ダウンに投げるのは私にはムリです・・・。

フライを落とす位置を色々と変えてみたのですが、アップに投げているだけでは、自分が立っている護岸の真下に狙った魚がいるので、うまく底までフライが沈みません。

そして、やっとうまくいったのが護岸の切れ目あたりからアップにキャスティングをします(この角度だとバックが取れます)。次に自分が上流側へちょうどフライが流れているあたりまで歩きます。この時点でラインを張り、フライ先行になるまで待ちます。そして、そのまま下流に向かって流し込むという流し方

見事にメルティスカッドが魚の目の前に沈んでいき、ヒット!です。うまくいったなぁと思いつつ、キャッチしてみるとなんとなんとおっきい「ウ」ちゃんでした・・・。なんで君はあんなところにるの!?ニジマスのおっきい奴かと思ったのに・・。

その後、自衛隊橋下流へ移動し、LLニンフィングをやってみます。入ったポイントは橋の下流約20mほどの所にある立木の横です。本当はもっと流れが緩く水深がある下流に入りたかったのですが、空いているポイントはここしかありません。

リーダーは全長で18ftほど、ショットは結構流速があるので「1」。メルティスカッド#12のシステムです。試しにキャストしてみると2回ほどフリッピングしてラインを出してやると、底が取れるようです。

7〜8mほど下流にある、藻に狙いを定めてキャストすると、1投目から当たりが出ます。しかし!痛恨の早合わせ・・・・。すっぽ抜けてしまいました。その後は、かすかな当たりは出るもの魚を乗せ切れません・・・。

流速が思った以上に早いので、フライに強いドラグがかかってしまい私の技術ではうまく流し切れませんでした。まだまだ修行が足りないのであります。

時計を見ると、4時30分。今日の私は仕事の打ち合わせです。そろそろ帰らないと・・・しかし、これからヒゲナガが出るかも・・・・。ムムム・・・。迷うこと5分。強靱な精神力を発揮し、イブニングに向かうJJBoyさんと別れ家路についたのであります。

その後JJBoyさんからの電話によると、ヒゲナガは不発だったそうです。

スポンサードリンク

水路


忍野温泉裏


サイトで釣れたニジマス君




http://www.flyfishing.jp/
フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。