忍野フィールドレポート フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

フライフィッシング・リバーサイド・ロゴ 忍野の空
フライフィッシング・フィールドレポート


フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

忍野:2005年4月7日

新名庄川との合流
新名庄川との合流

忍野のファーストフィッシュ
今年のファーストフィッシュ。

私の今年の解禁は忍野であります!去年「ボ」と「ウ」ばっかりだった私は、なんとか今年一発目の釣行ではそれだけは避けたい・・・。犀川とか魚野川とか行っちゃうと、かなり高い確率で男らしい事になるのが予想されます。

で。忍野なのであります。なんと言っても、いつ行っても魚がいっぱいいて、ライズも見れて、虫がハッチしてと、とても良い釣り場なのであります。忍野は(釣れるか釣れないかは別として・・・)。

当日、見事に寝坊し9:30頃起きた私は、「寝坊したけど、まあ・・・。いいか。今日は忍野なんだから」と自分を納得させ、10時頃家を出発し、12時頃忍野へ到着であります。

本日は、私の解禁日でもあり、最近結成したばかりの「爆釣隊」が、はじめて全員そろうという記念すべき日でもあります。7日の時点では隊長のピエールさんを筆頭に、不肖わたくしが隊員1号、というかなりの大所帯、そうそう全員がそろうことはないのであります(^_^;)。

ここで、「爆釣隊」について少々・・・。

爆釣隊という隊名は、いつでもどこでも爆釣しているから爆釣隊!っというこではありませんゾ!!いつか、どこかできっと爆釣するから爆釣隊なのであります。そこのところを間違わないようにしていただきたい!!ただいま隊員募集中であります!!

さて。忍野であります。釣り場に向かっているときは、今にも降り出しそうな空模様で、これはスーパーなハッチが期待できるかもと、胸をときめかせて忍野へ着いてみると・・・。見事に晴れあがっとります(^_^;)。

本日のタックルは、私の心のよりどころWinston WT #6であります。いや・・・。本当は#3を持ってくるつもりだったのでありますが、去年#3のラインを巻いてあったリールを釣り場の帰りになくしたの忘れていて、昨日の夜#3のラインがないことに気付いたのであります。私。

マキシマ9ft6xにティペット7xを3ftほどたそうと、スプールから引き出すと・・・。7xが15cm位しかありません・・・。ムムム・・・。仕方ないので8xで行くかと、スプールから引き出すと・・・。8xは20cmほどしかありません・・・・。や・ば・い・・・。私の腕ではティペットの細さだけが頼りなのであります(^_^;)。

で。仕方ないのでティペット6xで釣りはじめますが、この太さではフライが浮いていると全然釣れる気がしません。気だけじゃなくって本当に釣れてません・・・。

っと、いうことでドライフライは1時間ほどでやめて、サイトフィッシングに切り替え、底ほ方で何かを食べていた岩魚君をキャッチであります!

スポンサードリンク


しかし。本日の忍野は晴れすぎて、虫の流下もあまりなく、ライズも定位してライズしている魚はほとんどいなく、散発ライズが少しあるくらい。あんまり良い状況ではありませんです。

4匹ほど釣ったところで時計を見ると16時頃です。そろそろピエール爆釣隊長のご出馬が迫ってきたところで、富士急へ移動します。

富士急前も、ライズはあまりなく浮いている魚もあまりいません。ど〜するかなと一瞬考えた後、そうだ!前に世界フライフィッシング選手権で爆釣していた「チェコニンフ」やってみようと思い立ちます。

チェコニンフとは??BSでやっていた世界フライフィッシング選手権でチェコチームが爆釣していたメソッドなのでありますが、詳しくは何にもわかりませんです。そのころの掲示板のカキコを引用しますと、


ところで。チェコニンフであります。1月1日のBSで夕方くらいから放映されていたフライフィッシングの番組の中でやっていた釣り方であります。チェコの人がやっていた釣り方であります。

いまいちハッキリとはしないのでありますが、ニンフを3つくらいドロッパー式につけて、ほぼクロスにキャストします。キャスト距離は短く、足下を釣るという感じであります。

リーダーシステムはハッキリとしないのでありますが、たぶんそんなに長くはないと思います。

ビーズヘッドのニンフをつけていたような気もするのでありますが、フライのウエイト&ショットなどもよく見えませんでした。

マーカーはつけていないようでしたので、アタリはラインでとっているようでありました。

このよなことなのであります。で、よくわからないので、リードフライにフェザントテール#14、ドロッパーにハーズイヤー#12と2本結びます。ポイントは富士急のプールの流れ込みです。

魚はたぶん底についているだろうと言うことで、速い流れに負けないようにBBのショットを一つかまします。

これが、大正解!!フライが底流れに入ると、面白いように当たりが出ます。しかし・・・。見よう見まねのシステムの悲しさ・・・。5回に1回くらいしか掛からないのであります。しかし、釣れてくる魚はでかい!

そうこうしているうちに、爆釣隊長も到着し、2人でこのシステムで富士急の水位が5cmは下がるであろうほど、当たりを出してきましたです(^_^;)。もうちょっと研究すれば、もしかしますゾ。このシステム!!



本日の戦果:
私:ニジマス45cmを筆頭に、イワナ君,ヤマメチャンなど8匹
爆釣隊長:もうちょっとでメーターのニジマス1匹(どれくらいちょっとかは言えません・・・)

スポンサードリンク

忍野名物富士急前のプール
富士急のプール


爆釣隊長忍野を釣る
ピエール爆釣隊長

今日の忍野のベストフィッシュニジマス
みようみまねのチェコニンフで釣れた45cm

http://www.flyfishing.jp/
フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。