忍野フィールドレポート フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

フライフィッシング・リバーサイド・ロゴ
フライフィッシング・フィールドレポート


フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

忍野:2005年7月25日



釣るぞ〜!!


ブラックマドラーで釣れた


なんとしても釣っていただきたい!


見よ!このロッド曲がり!!
本日の忍野釣行は、爆釣隊長ピエールさんを筆頭に、BQイッチーさん、いちのぶさん、YUKIYAさん、アキさん、Wさん、アダムスぱぱさん、ユースケさん、不肖私の9名の錚々たるメンバーであります。

朝9時におさかな公園の駐車場に集合し、顔合わせをします。今回初めて一緒に釣りをする方は、YUKIYAさん,アダムスぱぱさん,ユースケさんであります。ど〜ぞ、よろしくお願いし鱒!

今回の釣行の目的は2つ。まず1つめはフライ歴2ヶ月にして爆釣隊に入隊したアキさんに魚を釣っていただかなければなりません。

アキさんはこれまで、何回か川に出かけているものの見事に「ボ」を成し遂げ、今までフライで魚を釣ったことないという強者であります。しかし、いくら強者だからと言っても、これだけのメンバーが集まって「ボ」で帰したとあっては爆釣隊の存在意義が問われかねません。なんとしても釣っていただかなければなりません。

2つめはBQイッチーさんが取材中の来年版釣り場ガイドのカラーページを飾れる写真を撮ることであります。狙いはカラーページでありますから、それにふさわしい服装をしなければいけません。と、言うことで私、朝起きてシャワーを浴びて身を清め、新しいパンツをはき、まるで○ープへ行く前のような身支度をして忍野入りしとります(^_^;)。

清潔な身だしなみも大切でありますが、やはり美しくて大きな魚を手に持ちニッコリと微笑んでこそのカラーページであります。自衛隊橋から川に入り、巻頭カラーを飾るにふさわしいお魚さんを探しながら上流へ向かいます。

本日のタックルは、8.3、#5のバンブーにブラックマドラー#10などを結んでみます。これを、バンク際ギリギリに投げると、でかいのが、がばっとでるはずなんです。きっとそ〜なんです。

テニスコート裏から鱒の家周辺にかけてやってみますが、そう簡単にがばっとは出てくれないのであります(^_^;)。

その後、ラバーショットをつけたサイトフィッシングに切替5匹ほど釣ったところでお昼にします。ビールを飲みつつ爆釣談義に花を咲かせ午後の釣りの準備をしているところへ、ピエール爆釣隊長が颯爽と登場してきます。ど〜も、客先から仕事をバックれてきたらしいです・・・。

ここまで、アキさんノーフィッシュであります。しかし、少しずつ進歩しもう少しで釣れそうな雰囲気が出てまいりました。もう少しであります。

午後からは、さらに上流の釣り堀まで、ポイントを拾いながら移動。そしてクライマックスが・・・。

6時くらいだったでしょうか。ここまでサイトフィッシングで合わせのタイミングがなかなかうまくいかず、空振りを繰り返していたアキさんが見事ヤマメをヒットであります!!私がネットでランディングしたのでありますが、イッチー顧問から「絶対に取るように!!」と声を掛けられ、メチャメチャ緊張いたしました。私。

その後、ドライフライに変更したアキさんは見事35cmはあるヤマメを釣り上げております。忍野初釣行での尺ヤマメ、実に見事でありました!

え・・・。私ですか?私は、プチプチ爆釣の11匹でありました(^_^;)。

爆釣隊員募集中!!であります。

※今回カメラ不調だったため、掲示板に投稿いただいた写真を一部掲載させていただきました。

スポンサードリンク
http://www.flyfishing.jp/
フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。