吾妻フィールドレポート フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

フライフィッシング・リバーサイド・ロゴ
フライフィッシング・フィールドレポート


フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

吾妻川:2006年1月25日



キャッチアンドリリース区間の瀬


とっても寒い。


ファイト中の私

吾妻川、板東・子持冬季釣り場。ウワサには聞いておりました。なんでも10月〜2月までおっきいニジマスを放流していると。なんでも、日本のニュージーランドなんだと。

私の場合、このおっきいニジマスというフレーズにはめちゃくちゃ弱いのを特徴としております。石野真子ちゃんかおっきいニジマスかっていうくらいのものであります(意味不明・・・)。

今回の吾妻川に参加したメンバーは、爆釣隊キングいちのぶさん,キンちゃん,まめぞうさん,不肖私の4人であります。関越道上里SAに朝7時に集合し、まずはタヌキそばをいただきます。やはり釣りの朝はソバであります!ここが大切なところなのであります。

そして何より嬉しいのが私の家から100kmちょっとという近さ。前回の天竜では片道450kmほど走り鯉を釣ってしまった私には、嬉しい限りでございます。

キンちゃんからの事前情報によると、吾妻川で一番効果的なのは「マグロの切り身」。イクラとかブドウ虫とか、なんか小さくってせせこましいのじゃなく、俺はマグロの切り身が大好きなんだ!!っという男気と申しましょうか、潔さが吾妻川のニジマス君にはございます。

わたくし。今日はこの男気溢れるニジマス君を釣らせていただきます。

釣り場に8時頃に着いてみると、思っていたほど寒くはありません。しかし、思っていたほど寒くないのであって、寒いことは寒いのです(^_^;)。

管理棟に入り状況を聞きながら、大物写真に見とれたりしているときにメジャーを忘れてしまったことに気づきます・・・。釣れたらキンちゃんのを借りて計ることにしたのですが、メジャーが1mしかなく、はたして私が釣る魚がちゃんと計れるのだろうか、メジャーが足りなくなっちゃうんじゃないかしらと心配になる私であります。

管理棟でのミーティングの後、キンちゃん,まめさん,私はキャッチアンドリリース区間上流部より釣り下り、キングいちのぶさんは下流部より釣り上がります。

スポンサードリンク

本日のタックルは、石野真子ちゃんと同じくらい愛しているWinston WT #6に、フローティングライン。リーダー3x12ftであります。フライの選択で一瞬迷います。

セオリー通りに行くと、真冬でありますからやはり#10〜#14辺りの小さめのソフトハックルやニンフとなるところですが、ここにはマグロの切り身が大好きなんだと公言してはばからない男気溢れるニジマス君が泳ぐ吾妻川。

となると・・・。やはりでかいフライでしょうか?そこで選択したのが前回天竜川で爆釣していたSammyさんから一本いただいたマラブーストリーマーをリードに、ドロッパーにはやはりオレンジのマラブーで巻いたストリーマーをつけてみます。

この組み合わせでキャッチアンドリリース区間上流部の瀬を、ダウンクロスで釣り下ってゆきます。釣り始めて1時間ほどでしょうか、フライを送り込みつつスイングしていた私の手元にドンっと来ました!瀬の中でかけたので慎重にファイト。55cmニジマスであります!!

をリリース後、大きな石の裏をリトリーブしているとまたしてもドン!!であります。58cm。もう、吾妻川最高!!であります。


下のプールでは対岸から釣り上がってきたキングいちのぶさんが魚を見つけたらしく、テトラの上から粘り強くフライを流しております。見守っているとヒットであります!54cm。きれいな魚でありました。

ここで北群馬橋のトコロにあるラーメン「棒屋」でお昼であります。えっ?キンちゃんとマメさんでありますか?ひ・み・つ、であります。


午後はもう一度キャッチアンドリリース区間に入ります。私は対岸の護岸&テトラの上から魚を探しますが、2時間で1匹見つけただけ。しかもフォルスキャストした瞬間に逃げられました・・・・。風が強くなり、とても寒くなってきたので16時過ぎに終了であります。そうそう、この間にキンちゃんがプールで、#12位のフライをリトリーブして40cmをつっとります!

スポンサードリンク

最初に釣れた55cm


キングいちのぶさんランディング中


58cmと私

http://www.flyfishing.jp/
フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。