河津川フィールドレポート フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

フライフィッシング・リバーサイド・ロゴ
フライフィッシング・フィールドレポート


フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

河津川:2006年3月1日
レポート:アキさん
写真:キンタさん



みかんの木がいっぱいある


地域限定わさびいなり


増水中

伊豆半島の河津桜が有名な観光名所でもある、河津川解禁に行ってきました。どうやら、解禁後は年に一度の爆釣のチャンスらしく、私にも釣れる可能性があると言う情報に妄想はさらに膨らみ、もう誰にも止められない状態なのであります。


今回の使命は、『本当は私(AG師匠)も参加したかったけど、3月4日引越しの為に怒られちゃうから、アキタン替わりに行って来て。そして、釣行記も書いちゃって。はぁと。』なのであります。けして、遠いからとか、朝早いとかの理由とか、ではないハズなのであります。

今回の河津川解禁のメンバーは、爆釣隊のキンタさん。(後はコーチとします。)


行きは東側の海岸ルートをヒタ走り。到着したのは5:30頃。釣券を購入する時に情報を少々。3日前に大雨が降って、超増水したから、かなりの量の魚が下流へと流された。やるなら下流だね。と、と〜ってもイヤな予感なのであります。

不安を感じつつも、イッチー顧問に教えて貰った情報を頼りにポイントへ。『アキちゃん。これ、顧問から聞いてた感じと違うよ・・・水多いよ・・・』
『・・・』

『このままでは男らしく終わりそう。』と、泣きのメールをAG師匠に入れたのがPM1:30。70歳位のベテランエサ師が『こんな解禁始めてだ・・・』と捨て台詞。雨はどんどん本降りに。。

もう、終わりにしよ〜。帰ろうよ〜。ビール飲もうよ〜。と、言う悪魔の声に完全的に負けモードの私。『せっかく伊豆まで来たんだから俺はアマゴ釣るよ』と、体育会系の男らしいコーチの一喝。M体質な私はちょっと、シビレしました。はぁと。

噂を聞いた釣り師が下流へと集まっている様子を横目に『俺は下流じゃなくて、俺が探したあの朝のポイントがいけると思う。』コーチの野生の感を信じ、最後のポイントと信じたいポイントに移動。

スポンサードリンク

そんな頃、AG師匠からの着信に気が付いたのであります。
『雨降ってるの? 春先こんな天気のとき小さなカゲロウがどばっとでるときがあります。 あきらめないことです。自分を信じるのです。それができた人にだけ神は微笑むのです。GOD BLESS YOU はぁと』

ここに来る前にわざわざタイイング講習をして貰った事などが、頭をよぎりチョット泣けました。

完全にコーチはウエット。私はドライ。とシステムを変更。その後『うおお!!来た!!!!』とコーチの雄叫びが聞こえ、見るとウインストン#4がしなってる!!

コーチの釣ったアマゴはヒレピンで、始めて見た赤い点々に感動です。
とってもとっても、美しいアマゴでした。しかも、コーチのお得意シルバーサルタン。この辺がカッコいいのであります。

スグにAG師匠に報告のメール。返信は『アキタンも持って写真とっておきな。』って。。。さっきのチョット泣いた私の気持ちは??

このままでは帰れないと、女心に火が付きました。(男心なんて、言っちゃいやよ。)

今回の釣りの中で、一番キレイなループで投げたい所に投げられ、フライもキレイにちょっとだけ流れた!!って思った瞬間に『パクッ!!』って!!!『パクッ!』って来たのです。

GOD BLESS YOUなのです!私のアマゴッティーがやっと手のなのであります!

本日の戦果
コーチ:4アタリ。1バラシ。1ピレピンアマゴ。
私:1シビレ。1泣き。1アマゴッティー。
本日の名言;GOD BLESS YOU.

スポンサードリンク

このプールで釣れた


キンちゃんランディング


シルバーサルタンとアマゴ

http://www.flyfishing.jp/
フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。