忍野・桂川フィールドレポート フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

フライフィッシング・リバーサイド・ロゴ
フライフィッシング・フィールドレポート


フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

忍野・桂川:2006年3月16日〜17日
レポート:BQイッチー顧問
写真:BQイッチー顧問



イワナ君50cm近いぞー


ニジマス君 あどけないお目目


バイカモの中からドピュットネ♪


桂本流濁流中
お役所仕事を背負う多望な日々が続く中、桂川水系の解禁情報が飛び交い、皆さんの朗報が耳に入るこの頃です。私も、たまらなく桂川の様子が知りたくなり、夜勤明けのわずかな時間を利用して桂川水系を偵察してきました。

初日の16日は、桂川本流の偵察と近辺の支流の様子を伺いました。何処の場所でも、解禁したとは思えないほどの人影のまばらさに驚くような?安心したような?複雑な気持ちです。現地は雪の影も富士山のみと、気温も10度近い暖かな陽気で、春の装いがここでは進んでおります。

桂本流のシステムは、レイダウン10ft#6で、何時ものショートヘッドシステムに、キールタイプのボトムゾンカー(先程のタイイングで巻いたものです)瀬頭から瀬尻までくまなく探る物のあたり1つ無い厳しい状況が続きました。季節は春なのに私には春は今だ遠いように思えました。

水温が低いことを予想して、早々に本流へ見切りを付け、湧き水が湧いているポイントへ移動しました。お昼前の暖かな日差しの中、ユスリカのハッチも見られ小さな魚のライズも散発的にあり、期待が持てます。

本流と同じタックルでフライだけ、ブラック&レオン(これもタイイングのものです)に変え、バイカモの茂みをくまなく攻め続けると、いきなり大きな影がバイカモの中からフライにアタック♪ 50cmはあろうかと言う、大きなイワナでした。はやる気持ちを抑え、イワナ特有のおそ合わせを決めて、無事ヒット♪・・・・ランディングは・・・・・

その後、同じ様にバイカモの周りを攻め続けて、30cmほどのニジマスを2匹キャッチすることが出来ました。春の水温が安定しない時期は、気温が上昇する日向と湧き水が湧いているポイントが狙い目と確信した一日でした。

翌日の17日も、夜勤開け早々に、桂川本流を目指しましたが・・・昨夜の強烈な豪雨が少し心配になりながらも高速を飛ばします。川に付くと予感的中。まさにアマゾン川状態になり、川面の堰堤が完全にオーバーフローしております。

各支流にも足を運びましたが、何処に行ってもコーヒー色に染まり釣りどころではありません。(あと2日くらいは水が出ますね?皆さん注意が必要です!) そして、昨夜から吹き荒れる強風が巻き起こり、完全に釣り意欲喪失でしたが、こんな時には本栖湖が良いかな〜なんて、思いましたが、夜勤明けの体にフルキャストはしんどく思え・・・忍野偵察と決定しました。

スポンサードリンク

忍野に着くと、昨夜の豪雨の影響は、多少の増水程度で濁りはありません。流石忍野八海の湧き水♪ しかし、強風の影響か?解禁二日目にして、釣り人が3組のみ。完全に100mビート貸切状態でスタートです。

最初は、忍野ホテル前の取水堰堤上で、レイダウンに、ショートヘッドでボトムキラーを付けて、大物狙いに走ります。シーズンでは不可能なシステムも解禁3日目では、ガンガン当たりがあり、30センチクラスが入れ食いです。

次に金田一前でも同じようなシステムで、3匹追加して、さらに上流を目指しましたが、釣堀裏では、二組の釣り人がいたので、流石にヘッドは敬遠して・・フローティングラインに小さめのブラック&レオン#10を結びダウンで大物を狙いました。

しかし、流石激選句・・・・トラウトはフライを避けて避けてどうにもなりません。そこで、ティペットを7Xまで落として、ダウン&送り込みの連続でレーンを外さないように、ナチュラルナチュラルを心がけ、一旦沈めたフライを震わせながら、誘いをかけると・・・効果的中♪ ここでも、1場所に数匹のトラウトが入れ食い・・・大げさですね・・・・

ここでは、ブルックやヤマメなどの色モノも混じり、20匹くらい釣り上げて忍野初参戦は大成功に終わりました。

※今回の忍野では、ユスリカのハッチが10時過ぎ位から始まり、それまで底にへばりついていたやる気の無いトラウトが一気にやる気モードに♪当日のドライの方の反応はほとんど無いようでした。若干増水していた事と、強風により人の気配が薄れていたのがいい結果に結びついたと思われます。

※小さな虫を模したフライが良いかなナンテ、ユスリカに似たソフトハックルを選択しましたが、釣れた小型のニジマスに何処からとも無く、大型のニジマスやブラウンが噛み付く行動に出ました。本当に飲み込んでいる大物もいました。??? やはり、アトラクターフライはシーズン初期に有効なんですね???

※そして、春先は、沈める釣りが有効であると練習会で言いましたが、あくまでもウエットフライは、カディスなどの動きがある昆虫が出てきてからが有効なフライです。このシーズンはまだ、ショットにニンフと言ったアウトリガータイプの釣り方のほうが有効です。ウエットフライにこだわらず、釣れる釣り方でトラウトと楽しく遊びましょう♪♪♪ 

スポンサードリンク


釣堀裏からダウンで


ブルック25センチ


ブルック30センチ



本日頭ニジマス40後半

ピューパータイプ#12
ブラック&シルバー#10
ニジマス40cm&BQスペルマ
ネンサン家の猫発見

http://www.flyfishing.jp/
フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。