桂川 フィールドレポート フライフィッシング・リバーサイド ■フライのサイト■

フライフィッシング・リバーサイド・ロゴ
フライフィッシング・フィールドレポート


フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

桂川:2008年04月09日

今回は、山梨県は桂川。尺ヤマメや50cmレインボーがぼこぼこ釣れてしまうという関東を代表する川であります。前回の須玉川で「ボ」だったワタクシのナイーブなハートを桂川の優しい尺ヤマメに癒していただく所存です。

桂川から見た富士山

メンバーは爆釣隊のキンチャン&まめちゃん。キンチャンは魚野解禁で40cmイワナをつり上げ、ネットからしっぽがはみ出た写真を掲示板に投稿「今度こそ俺だってはみ出してやる。しっぽがはみ出なかったら、何でもいいからどこかからはみ出してやる。とにかく何かをどこかからはみ出すんだ」という固い決意をワタクシにさせた、今のりにのっている釣り師。一方まめちゃんは今年初釣行、しかし某一流国立大卒業という輝かしい経歴を持つ頭脳は釣り師。そして某二流私立大をギリで卒業し前回「ボ」だったという経歴を誇るワタクシの3名。

桂川へ向かう車の中で「今日はどうかな?俺はそんなにたくさんを望まないよ。一日楽しく遊べればいいからなぁ〜。まあ尺を1本と、全部で5匹くらいでいいや」とキンチャンと会話をしていると、まめちゃんが「朝の幸せなひとときだなぁ〜」っと・・・・。さすが某一流国立大卒。事の本質を鋭く指摘してまいります(^_^;)。

都留インターで降りた私たちは地図を片手に桂川流域を走り回ります。桂本流は前日降った大雨の影響で増水&濁りでちょっと大変そうな雰囲気です。支流も何本か見てみますが、やはり増水&にごりが。まあ釣りにならないほどではないんですけどね。なんといっても私達、桂川のポイントをほとんど知らないのであります(^_^;)。

ということで、今日の本命ポイントとして押さえておいた、いちのぶさんが爆釣をぶちかました有名プールで釣りすることにしました。
桂川の有名プールを釣るまめちゃんときんちゃん

ついてみると○○カゲロウと○○カディスがハッチをしとります(○○のところは私に聞かないように)。カゲロウは#14位のや#20位のまで、カディスは#16位の黒い奴。
カゲロウニンフ

数はあんまり多くなく、ライズも5〜10分に1回という散発。まめちゃんはプールの流れ込み、きんちゃんはその下流のライズを狙います。ワタクシは爆釣隊写真部としてカメラ片手に川辺を彷徨います。
ライズを釣るキンチャン

ここできんちゃん1時間くらいの間に同じポイントで5回連続すっぽ抜け・・・・。痛恨であります。まめさんは何もナシ。ワタクシは瀬をウエットでひと流しするものの何もナシ。

早くも時間は13時頃。とりあえずは日本が世界に誇るアウトドアー料理「カップラーメンとおにぎり」で昼飯です。ハッチも終わってしまい、ライズもやんじゃったので、鹿留川へポイント移動をします。もうパインレイクへ行って魚の写真を撮ったろかと思いましたが、強力な自制心を発揮しフィッシュオンの下流部に入ります。

鹿留川を釣る

やはり、水量がかなり多めで濁りも入っております。増水で巨大化したプールではエサ師がニジマスを釣りまくっております。この状況ではドライはムリと判断し、ドロッパーにシルバーマーチブラウン、リードにブラックカディスを結び釣り下ります。

シルバーマーチブラウンとブラックカディス

増水で水量がました葦際に上流からフライを送り込むと、ブラウンヒットであります!見事写真撮影にも成功!今季初お魚写真です。ありがとうございます。鹿留川ってブラウンもいるんですなぁ。

シルバーマーチブラウンで釣れたブラウントラウト

夕方ほどよい頃合いを見計らい、朝入ったプールへ戻りイブニングに備えます。ハッチはほんどなし、ライズもほんの気持ちだけという状況。河原で寒さに耐えながらひたすら、ひたすらライズを待ちます。ワタクシの上流に入っていた釣り師が一匹ライズをしとめます。もうそろそろ寒さが限界になる頃、ワタクシの目のまえで一発ライズしました。それに向かって5投。もう寒さに耐えられないので撤収であります。

本日の戦果
・キンチャン、5抜け
・まめさん、イワナ1匹
・ワタクシ、ブラウン1匹


スポンサードリンク


http://www.flyfishing.jp/
フィールドレポート・トップページ】 【フライフィッシング・リバーサイド・トップページ

リバーサイドはリンクフリーです。Copyright(c) 2004 AG 無断転記・転用を禁ず。